刑事事件解決事例4観護措置(鑑別所送り)と退学処分を免れたケース

 解決事例4 観護措置(鑑別所送り)と退学処分を免れたケース

 少年は、住居侵入・窃盗の罪で逮捕・勾留されてしまいました。また、少年には、逮捕されていない事件も含めて余罪がありました。 当時、少年は、高校3年の三学期であり、鑑別所に入ると、出席日数が足りず、高校を卒業できない状況でした。 私は、警察署の面会室で少年と話合い、発覚していない余罪も含めて、警察の捜査に協力することになりました。 また、私は、早急に、余罪も含めた被害者と示談交渉を行い、示談を締結することができました。

 その結果、少年は、鑑別所送りを免れ、自宅に帰ることができました(在宅事件)。  少年は、鑑別所送りを免れ、高校に通おうとしましたが、学年主任と担任の先生が少年の通学を拒絶し、執拗に自主退学を迫ってきました。 私は、何度も、学校に足を運び、校長先生に裁判所が鑑別所送りにしなかった趣旨を説明し、しっかりと卒業できるように取り計らってほしいと交渉しました。  その結果、高校は、自主退学の強要をやめ、少年は無事、高校を卒業することができました。 また、少年の最終処分は、保護観察であり、少年院に行くことはありませんでした。

 解決事例5 過酷な取り調べを耐え抜き、不起訴処分を勝ち取ったケース

刑事事件具体的解決事例の一覧