あきらめずに離婚交渉をすることの大切さ

先日、ご依頼いただいてから2年近くが経過した離婚事件が無事解決いたしました

詳細は記載できませんが、おそらく判決まで行くと離婚は認められない事案でした

しかし、依頼人の方と一緒に、あきらめることなく、調停、離婚訴訟において、2年近く離婚に向けて粘り強く交渉を行った結果、相手方が離婚に応じてくれました

事案の性質に照らして、おそらく、当方の依頼者においてだけではなく、相手方にとっても、この時点での離婚というのは有益であったと思います。

もちろん、交渉事である以上、必ず成功するとは限りませんが、単に「判決では勝てない」という理由だけで離婚協議をあきらめるのはもったいない、調停や裁判でも離婚に向けての交渉ができて、「判決では勝てない」ケースでも、和解による離婚が成立することがあるのだと、改めて認識させられました。